携帯決済の限度額

主な携帯電話会社といえばドコモ、au、ソフトバンクです。いずれも携帯キャリア決済サービスを提供していますが、決済の利用額には制限が設けられています。


制限額は携帯の契約期間や年齢、利用状況等によって異なります。一般的に、20歳以上の場合は月3万円~5万円の範囲となることが多いようです。ちなみに、20歳未満の場合は携帯決済現金化ができないこともあるので、業者に確認しましょう。


携帯の契約期間が長く、利用状況が良い場合は限度額が10万円というケースもあるそうですが、設定しているのは携帯会社であり、どのような人だと限度額が高くなるかは明らかにはされていません。


また、携帯決済は限度額よりも、低い限度額を設定することができます。たとえば、本当は5万円まで利用できるのに、初期設定で限度額が1万円になっていることもあるというわけです。限度額は各携帯電話会社のサイトから変更できるはずですので、携帯決済現金化を利用する前に自分の限度額や設定をチェックしておきましょう。


これとあわせて、「継続課金サービス」を無駄に利用していないか確認するのがおすすめです。よくあるのが、携帯の契約時になるべく料金を抑えようと、期間限定で付けたオプションの継続課金サービスの解約を忘れているというパターンです。「継続課金サービス」の支払いには、携帯決済が充当されることがあります。もし、携帯決済を利用した記憶がないのに限度額が減っていたら、継続課金サービスに使われているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です