腸腰筋のストレッチ

腸腰筋のパーソナルトレーニングをする場合、うつ伏せの姿勢になります。自分の殿部に相手の片方の手を当て、もう一方の手は膝を持ってもらい、一方の手で殿部を押しながら膝を伸ばした状態で持ち上げていきましょう。殿部がしっかり固定できていないと、腰に余計な負担がかかってしまうので注意しましょう。


腸腰筋はほかの筋肉に比べると強力です。そのため、骨盤の前傾が強い人だとはこのストレッチだけ完全に筋肉を伸ばすことが難しいかもしれません。また、股関節の可動域にクセがあると、脚が外転することがあるため、反対の脚が外転しないよう固定することも重要です。


外旋筋群のストレッチでは、うつ伏せの姿勢で片方の膝を約90度に曲げ、外側に倒していきます。このストレッチでも、代償を防ぐために殿部をしっかりと固定しましょう。外旋筋群をストレッチした際、最初に伸びていくのは表層の筋力です。そのため、少し長めの時間で筋肉の緊張が緩むのを確認しながら行います。


O
脚の人はこの動きがうまくできないことが多いですが、外旋筋群のこわばりは腰痛の原因となります。したがって、O脚の人はこのストレッチをやるようにすると良いでしょう。また、このストレッチは多少膝に負担がかかるため、膝の傷害がある場合は注意しましょう。
ハムストリングスを伸ばす時は、片脚ずつ股関節の屈曲を行います。上げた脚の膝を片手で押さえてもらい、もう一方の手でかかとを持って伸ばして行きます。