肩甲骨周辺のトレーニング

肩甲骨周辺の筋群をほぐすパーソナルトレーニングを紹介します。


座った状態で肩甲骨の「キワ」に指を入れて肩甲骨をつかんでもらい、前後左右に動かしてもらいます。肩甲骨を直接動かすことで、肩甲骨を安定させている筋群をリラックスさせることができます。ただし、背部の筋肉が硬直していたり、肩甲骨と肋骨の間に隙間がなかったりすると肩甲骨をつかめないことがあるので注意しましょう。


肩甲骨をつかめない状態の場合は、肩甲骨周辺をほぐす必要があります。肩のセルフストレッチの姿勢になると肩甲骨を外転させて普段は肩甲骨に隠れている下の筋肉が表層に出てきます。この状態で背骨から肩甲骨の「キワ」までの範囲を、ほぐしていくと良いと思います。


肩甲骨周辺の筋肉をほぐす方法の一つに、うつ伏せに寝た状態で行うものもあります。うつ伏せの場合は肩甲骨の下の筋肉が隠れているため、肩甲骨と肋骨の隙間に指を滑りこませるようにしてほぐしていきます。


首の横から肩、肩甲骨と背骨の間の筋肉をほぐす方法を紹介します。これは、首の筋膜リラクゼーションと似たような方法で行っていきます。筋肉を圧迫してもらった状態で、走る時のように腕を前後に振りますが、腕は同時に振るようにしましょう。腕を後ろに振った時に圧迫が強まり、リラクゼーションの効果も上がります。圧迫する場所ずっと同じところにならないようにしてください。首の横から肩、肩甲骨と背骨の間というように圧迫箇所を移動しながら行うことが大切です。