大腿四頭筋などのストレッチ

腰部回旋のストレッチをする場合、骨盤が回旋するように、片脚を横に倒します。ストレッチをする際の注意点は、倒している脚の反対側の肩が浮かないようにすることです。骨盤を立てて行えるのがベストですが、柔軟性が低い場合は無理をしないようにしてください。肩も柔軟性が低くて浮いてしまうようであれば、押さえずに腰の回旋を重視して大丈夫です。


伸ばしている側の脚はパーソナルトレーニングのトレーナーなどに押さえてもらいますが、押さえ方は自分の体格や柔軟性によって適切なものを選択しましょう。腰背部と殿部を伸ばすことができ、腰痛の再発防止や改善におすすめです。


内転筋群のストレッチをペアで行う方法があります。自分の足を相手の太ももに乗せ、足を外側に回します。柔軟性が低い人は相手の太ももではなく、床に置いてもかまいません。


大腿四頭筋のストレッチであれば、横向きの状態で自分の膝に相手の手を当ててもらいます。もう片方の手は足首をつかんでもらい、上方の膝を屈曲させてストレッチを行います。このストレッチで気をつけるのは、股関節が屈曲しないようにすることです。股関節が屈曲すると、大腿四頭筋の一つである大腿直筋が弛緩し、ストレッチの効き目がなくなってしまいます。股関節を真っ直ぐにすることを意識しましょう。また、股関節を後方に伸ばすようにするとストレッチ効果が向上します。このほかにも、大腿四頭筋のストレッチにはさまざまな種類があります。