大胸筋中央部のストレッチ

大胸筋中央部のストレッチでは、腕を90度外転させた状態で相手に腕を持ってもらい、横に胸を張るように後ろに動かしていきます。あまり無理をせず、心地よく感じられる程度で動かしましょう。もし、ストレッチ中に違和感を覚えたら、いったんスター卜の姿勢に戻します。そして、肩を数回ほど回してから、もう一度後方に引いていきましょう。後方に引いたまま無理に腕を上下させてしまうと、肩関節の障害を引き起こす場合があるので気をつけましょう。大胸筋上部のストレッチとあわせて行う場合は、必ず上部のストレッチが終了したら最初の姿勢に戻すことが大切です。


大胸筋下部及び肩関節のパーソナルトレーニングでは、腕を外転させた姿勢をつくり、相手に引っ張ってもらって胸を張るようにしてストレッチしていきます。一般的には胸のストレッチとして行われますが、肩関節の可動域に障害がある人は、可動域の改善が期待できます。


僧帽筋上部のストレッチをペアで行う場合は、ベッドもしくは床で行います。床で場合は、自分の頭を相手の手のひらに乗せます。この時、で首を確実に保持してもらうため、両手で抱えてもらうようにすると良いと思います。抱えてもらった首を右に曲げ、頭を持ち上げて首を屈曲さます。こうすることにより、肩甲挙筋のストレッチも一緒に行うことができます。


首は非常に痛めやすい構造をしています。そのため、首のペアストレッチを行う場合は、ほかの箇所のストレッチよりも慎重に行う必要があります。