ソフトバンクで現金化

ソフトバンクの携帯決済はソフトバンクまとめて支払いです。これはスマホやパソコンなどで購入したデジタルコンテンツ、ネット通販などの代金、アプリ等の購入代金を、月々の電話料金と合算して支払うことができる決済サービスです。


利用できる金額は、契約期間によっても変動しますが、満20歳以上の方は1ヶ月あたり五千円~最大十万円の範囲で利用可能額が設定されていると思います。利用している期間が長くなると利用可能額が増えるようですが、これ以外の要素も枠の増減に影響するそうです。


ソフトバンクまとめて支払いを現金化する場合、ソフトバンクカードというものが必要です。ソフトバンクカードにソフトバンクまとめて支払いからチャージし、買い物をします。その後、購入商品を業者に買い取ってもらい、現金化するという流れが一般的です。


ソフトバンクカードが必要になる理由がわからないという人も多いと思います。これは、業者が指定するサイトでソフトバンクまとめて支払いが使えないことがあり、この場合はソフトバンクまとめて支払いからソフトバンクカードにチャージし、ソフトバンクカードをクレジットカードとして使用する方法を使わなければなりません。
ソフトバンクカードはVISAがついたクレジットカードで、後払いで利用する場合は普通のクレジットカードを作るような時と同じく審査が必要となります。しかし、あらかじめチャージし、前払いで支払いをする方法で利用するのであれば、審査は不要です。